ロゴベルリン@対話工房
2007年7月7日更新
サイト通貨「タウシュ」

ベルリン@対話工房は、ベルリン@対話工房のサイト上だけでしか使えないサイト通貨「タウシュ」を発行します。


「タウシュ」はドイツ語の"Tausch"に由来し、「交換」という意味です。


タウシュは、ベルリン@対話工房のサイト上でしか使用できない一種のバーチャル地域通貨のようなもので、資本を蓄積するためのものではありません。


使用しないと、つまりタウシュの所有者に移動がないと、発行日後1年で失効します。つまり使用しないと、1年後に価値がなくなってしまうということです。


■ タウシュを取得するには?

タウシュは、ベルリン@対話工房のサイトで申し込みます。申し込むと、メールで請求書が送付されてきます。


送金が確認されると、タウシュ番号が通知されます。タウシュ番号は1タウシュ毎に交付されます。


タウシュ番号は、取得したタウシュの有効期限を確認したり、タウシュ所有者の移動を通知する場合に使用します。


サイト上で、タウシュ交付一覧表が公開されますので、必要に応じて、ユーザー名とパスワードで一覧表にアクセスします。一覧表では、取得したタウシュの有効期限を確認することができます。


■ タウシュを購入する

1タウシュは、xxユーロないしxxxx円です。タウシュ購入時に、ユーロで支払うか、円で支払うかを選択します。


なお、一旦取得したタウシュは換金できません。


■ 友の会会員になることが必要!

タウシュは、ユーザー名とパスワードがないと使用できません。


ベルリン@対話工房の友の会会員になると、タウシュ番号と一緒に会員のユーザー名とパスワードが交付されます。つまり、ベルリン@対話工房の友の会会員にならないと、タウシュは使用できません。


■ タウシュの追加取得で友の会会員有効期間を延長

友の会会員になった後にタウシュを追加購入すると、任意で(!)友の会会員の有効期間を1タウシュ当たり半年延長させることができます。


この規定は、タウシュ互助市場でタウシュを取得した場合にも適用されます。


■ 友の会会員の有効期限に注意!

友の会会員の有効期限がマイナスになると、ユーザー名とパスワードが失効します。その場合、まだ有効なタウシュを持っていても、手持ちのタウシュは使用できません。


一旦ユーザー名とパスワードが失効すると、再入会時には入会金が請求されますので注意願います。


サイト上では、会員有効期限一覧表が公開されますので、ユーザー名とパスワードで一覧表にアクセスして自分の会員有効期限を確認します。


■ タウシュ互助市場に参加できる

ユーザー名とパスワードを受け取ると、タウシュ互助市場に参加できるようになります。


タウシュの発行は当初、2006年春からを予定していましたが、もう少しサイトの発展状況を見てから発行開始時期を決める予定です。




  タウシュの構想についてコメントしたい
    (投稿した時点で、以下の注意事項を承諾したものと見なします)

  コメントを投稿する場合の注意、お願い

         このページのトップへ